お金がない!支払えない!お金がない時の過ごし方ややりくり方法、金策方法などの体験談やアドバイスをご紹介。とにかくお金がない!というときの乗り切り方や、お金を作る、借りる方法などをまとめています。

お金がない!支払えない!お金がない時の金策方法や過ごし方。

お金がない時に市役所や銀行でお金を借りることはできる?

お金がない時に市役所や銀行でお金を借りることはできる?

投稿日:

あなたはお金がなくて悩んでいませんか?

お金がない時にお金を借りたいと思っていませんか?

そこで市役所や銀行でお金をかりることができるかどうかについて

ご紹介したいと思います。

 

40代男性
お金がない時にカードローンに頼るのは否定的な意見もありますが、計画的に使えばそれほど危険なものではありません。そこでカードローンで即日融資を受ける方法を伝授します。

まずカードローンと一口に言っても2つのタイプに分けられます。一つが消費者金融系で、もう一つが銀行カードローン系です。どちらも似たようなものですが、適用される方法が異なります。中でも大きく違うのは、銀行カードローンは現在即日融資が禁止されていることです。ですからすぐにお金が必要な方は消費者金融系のカードローンに申し込む必要があります。

次に消費者金融と一口に言っても、星の数ほど業者があり選択に迷うかもしれません。ですから初心者の方は、テレビCMでお馴染みの大手消費者から選択すれば大丈夫です。大手消費者なら金利はほぼ年18%,融資限度額は10万円前後になると考えて貰って大丈夫です。ただしSMBCモビットだけは無利息サービスがないので止めた方がいいでしょう。

申し込みはスマホから運転免許証だけあれば簡単にできます。スマホ申し込みで即日融資を受けるには、基本的に平日14時位までに全ての手続きを完了している必要があります。なぜなら振込融資は原則15時に終了するためです。ですから前夜のうちにスマホから申し込むか、遅くてもお昼位までに申し込んでおけば大丈夫です。

もし間に合わなければ、大手消費者金融なら自動契約機があるので20時位までに自動契約機で契約すれば間に合うでしょう。いずれにせよ大手消費者なら最短60分ほどで即日融資が可能となっており、緊急事態の際に利用するのもアリです。

30代後半男性
本当にお金がない状況がどんな状況なのかにもよりますが、市役所が助けてくれるのは家族バレする書類を複数提出する生活保護です。自治体の規律が場所により様々な為、どうしても一概には言えません。

ただし、生活保護を受けて毎月10万円以上のお金を補給してくれることはあります。ちなみにこちらは明確に「借りる」ではなくて「くれる」になります。

銀行の場合は、銀行系の消費者金融がお金を借りることができます。その場合は「お金がない」という条件にもよります。
銀行系のキャッシングには「アコム」「バンクイック」など複数存在します。キャッシングする場合は「4社以上」つまんでる時点でアウトです。闇金融くらいしか相手してくれません。

また銀行に直接に借りる場合は審査に時間がかかります。
また「バンクイック」以上に厳しいものがあります。4つ以上の業者に借りていなくても借りることができない可能性もございます。その点は気をつけてほしいです。

また市役所や銀行ではないですが「消費者金融」にお金を借りることも可能です。主旨が少し違ってきますがね。

また銀行系で借りやすいところでは「関西アーバン銀行」が派遣社員や契約社員などのステータスの低い人にもお金をかしてくれます。

借りる主旨が「借金返済」ならば「任意整理」した方がいいと思うのが私の見解です。

40代前半男性
これは生活保護を受給する人に限られる制度だと思います。臨時特例つなぎ資金貸付制度というのがあります。

生活保護を申請しても、20日から1か月時間がかかります。ギリギリの状況で申請した人は、この期間の生活費が捻出できません。そうした生活費を一時的にこの制度を利用して、借入し保護が開始されたら返済するという制度です。

実はこの制度、役所が管轄をしているのではなく、福祉事務所とは違う場所でお金を受け取る事になります。利子はなく保護が開始されたと同時に返済すれば、特にペナルティーなどの事は一切ありません。

あと自立支援という事で、住宅費の補助というのがあります。これは自立支援制度の中で、家賃の補填をしてくれる制度があります。ただし、就職活動を少なくとも週に一回行う事が条件のようです。

あくまで今回説明した制度は、生活が困窮した場合の話で保護を必要としない人については対象外です。借りるという制度として一定の条件を満たした時に、市役所の指示でお金を借りたり支給されたりするのです。

生活保護などの受給者でない人は対象外となったり、自立をすでに出来ていて一時的な話である場合は、対象外となります。ご注意ください。

40代前半男性
一人暮らしの男、45歳です。以前に病気をし、しばらく就業していないためお金がまったくありませんでした。蓄えも底をつき、アパート代も支払えず、ほとんど食事もしていない状況が続きました。

「死んでしまう」と思ったので、市役所に生活保護の相談に行きました。しかし担当者から何かと言われ、生活保護の申請はできませんでした。まず仕事を見つけるように、というようなことを言われました。

その場で市役所内になる生活を立て直す相談を聞いてくれる担当者と面談をすることになりました。しかしわたしには明日食事をするお金もありませんでしたので、仕事を探すどころではありません。

もう帰ろうかと思っていた時に、市役所の近くにある社会福祉協議会で生活するためのお金を10万円ほど貸してくれるというので手続きをしに行きました。

しかしどんなに急いでもお金を借りられるのが週明けになると言われたため、とりあえず手続きだけして帰りました。なんとか水だけで生き延びてお金をかりました。結果的に生活保護になりました。

20代後半男性
お金に困っている時にお金を市役所や銀行から借りる事は可能か不可能か。単純な答えであれば可能です。しかし、条件等によって結果は変わるので、完全に借りれると言う訳ではありません。

銀行でお金を借りる場合には、収入が無い方は不可能です。返済する能力に応じて融資してもらえる金額が上下していくものですが、無収入の場合にはまず借りる事が出来ないシステムになります。

将来的に返済する事が可能であったとしても、それを証明する事は難しいので、やはり断られる可能性が高いものです。固定された収入があり、生活に困っている場合には借りる事が出来る可能性が高いですが、融資の金額も低く設定される事が多いです。

市役所の場合には、様々な条件があります。その条件をクリアした上で審査が行われます。基本的に生活に困っている方の制度になりますので、無収入の方、年金受給者の方、障害者の方などが市役所に相談をするケースも多く、条件等に設定されている地域も多いです。

市役所の場合には、生活に困っているレベルになると迅速な対応になりますので、明日のご飯が食べられないと言う次元でお金が無いと言う時には利用をおすすめします。住居が無い方でも親身に相談を受けてくれます。

 

お金がない時に市役所や銀行で

お金をかりることができるかどうかについて

お伝えしましたがいかがでしたか。

かなり参考になる内容だったと思います。

知っているのと知らないのでは大違いですので、

ぜひ役立ててくださいね。

このサイトではほかにも

お金がない時の金策方法や乗り切り方を載せていますので、

ぜひ読んでみてくださいね。

-お金がない時に市役所や銀行でお金を借りることはできる?
-, ,

Copyright© お金がない!支払えない!お金がない時の金策方法や過ごし方。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.