お金がない!支払えない!お金がない時の過ごし方ややりくり方法、金策方法などの体験談やアドバイスをご紹介。とにかくお金がない!というときの乗り切り方や、お金を作る、借りる方法などをまとめています。

お金がない!支払えない!お金がない時の金策方法や過ごし方。

お金を寄付してくれる人や支援してくれる団体はあるの?

お金を寄付してくれる人や支援してくれる団体はあるの?

投稿日:

お金が足りない!

お金がない!

お金が必要!

あなたはお金がなくて悩んでいませんか?

お金が必要な時にすぐにでも手に入れられればいいですよね。

稼ぐにしても時間がかかってしまいます。

お金を必要としている人に

お金を寄付してくれる人や支援団体はあるのでしょうか。

今回はそのことについての手段や体験談をお伝えしていきます。

貴重な内容ですのでぜひとも読んでみてくださいね。

 

30代男性
お金に困っている人は世の中に数多くいます。お金を借りる手段はネットで見てみてもたくさんあります。まず、大切なのは自分がどんな状況でお金に困っているかです。その状況次第では、昨日お金を手に入れることはできます。

例えば、出産費用。これは地方の市町村がある程度助成してくれる制度があります。失業した場合も失業手当があります。返せるあてがあるのであれば、カードローンも一つの手段と言えます。

寄付という観点から調べるとなさそうに感じますが、実はあります。しかし、これはいわゆる個人融資という形になるのでリスクは高いです。

例えば、相手からの連絡が遅い、相手が誰なのか直接会うまでわからないなどのリスクがあります。他にも、ネットから一口〇〇円からと言ったカンパもありますが、これは現金化できないのが難点です。

その他にも現金を支援してくれるわけではないですが、食事を支援してくれるサービスなどもあります。食は生きるに直結するので、モチベーションを高め、次への第一歩の支援となります。

この他にもたくさんの寄付や支援する方法は世の中には沢山あります。自分が置かれている状況をしっかり確認した上で、いろいろ調べてみると自分にとって都合のいいものが見つかります。

30代前半男性
お金の支援をしてくれる団体としてはクラウドファンディングを運営している会社があります。

利用方法としては、何らかの目的のために資金を援助してほしいという要望をクラウドファンディングのサイトに掲示します。

そこから、その案件に出資してくれるという人を募って資金を出してもらいます。
資金を出資してもらって希望額に達成したらその分をいただくという形になっているのが基本的な手法です。
クラウドファンディングを運営している会社は、そのような出資する場を提供する形になります。

支援にもさまざまな形があり、出資してもらったら返礼品を出してもらう形式や、完全に贈与という形で無償でもらうもの、借金をしたというような形で金利を支払う者というものがあり、基本は返礼品を送る形式が多いです。

また、目標金額を達成しなくても出資金をもらえる形式科達成しなかったらすべて返却という形式のものもあります。

銀行などでお金を借入したりするようなことができない、手持ちの資金も知名度もないような場合には、大きくお金を集める方法としてはかなり有効です。
金利などの返済についても方法次第では不要ですから、お金の心配も借り入れのようにしなくてもいいのです。

20代後半男性
お金を寄付や支援をしてくれる方は本当にいるのかと疑問に思っている方もいることでしょう。
昔は「マネーの虎」という番組で、新規事業を立ち上げる際の資本金を得るという番組がありましたよね。

では、あの番組のように、お金を支援してくれるような方や団体はあるのでしょうか?
これは実在すると断言します。
事実、世の中には投資家と呼ばれる方が存在し、その事業に将来性があったり、利益が出ると判断してくれれば、お金を融資や支援してくれることも多いのです。

ではどのようにそういった方を探すのかというと、
個人の投資家を探す場合は、伝手やコネを使いましょう。
それか過去に投資家として活動していた方に直接アポイントを取り、自身の事業や会社のプレゼンを行うことで、相手に熱意や事業の将来性を伝え、お眼鏡に叶えば支援をしてくれるでしょう。

また、日本政策金融公庫では、個人企業や中小企業の支援も行なっています。
こういった事業者へ小口資金の融資を行なっており、平均で700万円の資金融資を受けることが出来るのです。

このように、事業資金を得るためには多くの方法があります。
お金を寄付や融資してくれる方や団体はありますので、なんとしても事業を成功させたいと考えている方は、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

40代女性
クラウドソーシングしか思いつきません。もしあなたが、何かをしたくてたまらないのに、資金が足りない場合、不特定多数の人から寄付をもらう制度です。

ただし、簡単にお金を寄付してもらえるほど簡単なものではありません。まず、あなたがしたいことが何らかの社会貢献になる必要があります。そして、寄付をくれた方に、お金ではない何かをお返しするのが良いです。

例えば、オリジナルの芸術作品を作るために、寄付を募ってお金が集まったら、寄付をしてくれた方に、ちょっとしたあなたの作品をプレゼントするのです。

ある人は、ある分野で日本代表になったのですが、スポンサーがついていなくて、海外への試合などを自費で行かなくてはならないので、クラウドソーシングでお金を募っていました。

この人はお返しする作品はないので、寄付した人は、ただ頑張ってほしい、と応援してくれているのだと思います。単に簡単にお金を集めてやろう、という人は見抜かれます。本当に熱意のある人には、必ず共感してくれる人が現れます。

本当に心の底から情熱を持ってやりたいことがあって、どうしても資金が足りないときは、誠心こめて訴えてみれば、応えてくれる人はいるかもしれません。

 

お金がない時にお金を寄付してくれる人や支援団体についてを

お伝え致しました。

いろいろな意見や体験談がありましたね。

参考になるものもあったのではないでしょうか。

ぜひあなたの生活にお役立てください。

このサイトではほかにも金策方法やお金がない時の対処法を

載せているので、そちらの記事もぜひ読んでみてくださいね。

-お金を寄付してくれる人や支援してくれる団体はあるの?
-, ,

Copyright© お金がない!支払えない!お金がない時の金策方法や過ごし方。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.