お金がない!支払えない!お金がない時の過ごし方ややりくり方法、金策方法などの体験談やアドバイスをご紹介。とにかくお金がない!というときの乗り切り方や、お金を作る、借りる方法などをまとめています。

お金がない!支払えない!お金がない時の金策方法や過ごし方。

お金がなくて支払いができない!経験談とそのときの行動は?

お金がなくて支払いができない!経験談とそのときの行動は?①

投稿日:

お金がなくて支払いができない!

そのような状況に悩んでいませんか?

お金がなくて支払いができないとき、

どのような対処法があるのでしょうか。

実際にそのような状況になった方の

体験談をご紹介します。

あなたがそのような状況にある時、

もしくはそのような状況に陥ったときのために

ぜひ読んでみてくださいね。

 

30代前半男性
職場の飲み会が多くあった月に予定していた出費よりも多くのお金が必要となってしまい、クレジットカードの支払いに充てようとしていたお金を使ってしまいました。

口座残高はクレジットカードの引き落とし金額に足りず、支払いができない状況に陥ってしまいました。とりあえず引き落とし日が来る前に支払いができないことを伝えておく必要があると考えたので、クレジットカード会社に連絡をしました。

とにかく何もしないよりはクレジットカード会社に連絡をすることで、状況が少しでも良くなることを期待していました。クレジットカード会社のオペレーターの人は思いのほか業務的に対応をしてくれて、支払い方法を一括にしていたものをリボ払いに変更することを勧めてくれました。

一括でなければ支払うことができたので、支払い方法を変更することで何とか乗り切ることができました。お金がなくて支払いができないと思いお金を工面することもできずに悩んでいたのですが、クレジットカード会社に連絡をしたらあっさりと解決したのです。

リボ払いに変更をしたことで支払金額が少し高くはなってしまったのですが、支払いができないというストレスから解放されたのでとても良かったです。

20代女性
今は主婦をしていますが、独身時代は派遣事務をしていました。
時給が低いわけではありませんでしたが、時給制でカレンダー通りのお休みだったため、どうしてもゴールデンウィークや年末年始など長期休みの次の月は給料が少なくなりがちで、公共料金などの支払いに困ることがありました。

まずは食費や衣服代などはクレジットカードを利用して支払いを次の月に繰越す形をとりました。
そうすると、当たり前ですが翌月にしわ寄せがきました。

結局は節約するか、または収入を増やすしか無いと思い、土日に単発でできるアルバイトを探しました。
ですが、昼の単発バイトとなると派遣会社に登録しなくてはならないものが多くありました。派遣会社自体もたくさんありすぎて、考えてるうちに面倒臭くなってしまいました。

なので、継続して土日の夜のみ働ける、直接雇用のバイトを探すことにしました。
私がまだ若い女性だった頃なので、すぐにキャバクラという選択肢が浮上してきました。ですが、勇気が無く、キャバクラよりは緩いかな?という理由でガールズバーで働き始めました。

金曜日の仕事終わり~終電まで、土曜日のオープン~終電までという働き方でしたが、月に五万ほど稼げるようになりました。

結婚するまではこの仕事を副業として続け、なるべく貯金に回していたことで、本業の派遣事務で稼いだお金では足りないときもお金に困ることはほぼなくなりました。

 

40代女性
お金がなくて支払いができないときは、お給料日前などには定期的にこういった現象になります。そうした場合、カードローンを利用して借り入れするようにしています。消費者金融機関のカードローンは、スマホから手軽に申し込みができ、借り入れもコンビニATMを利用して必要な分を準備することができます。

即日融資が可能で、申し込みしてすぐに借り入れすることができ、必要な資金をすぐに準備することができたので安心しました。お金のことで悩んでいたので、身近な人に相談して借り入れを行うと噂になったり、色々と金銭的あことでトラブルへと発展するので、家族に内緒で借り入れができるカードローンはとても便利です。

必要なときに急いで借り入れができ、返済も自分の都合に合わせてやりくりすることができるので、自分にとって上手に利用することができる最適なカードローンは活用範囲が広いです。パート代が入ったらすぐに返済するようにしているので、金利もごくわずかでよく、負担がないので安心して利用することができます。

お金のことで悩みがかなり減ったので、やりくりが上手にできるようになり、お金のことでストレスを溜めることがなく安心した生活を送れるようになりました。

20代女性
わたしは就職してから月々の奨学金が1万5000円、車のローンが25,000円、携帯が約1万円と最低限の支払いで5万円は必要でした。そこから健康保険や年金、医療費に食費もかかるためとても苦しく手取りで11万円しかなかったためカード会社からのローンを借りては払いの自転車操業でした。

ひとつ支払いができても他が払えなくなるので、また別のカード会社から借りての繰り返しでローンは減ることもなく支払いは増えるばかりでした。親も片親だけのため頼ることもできず、親族も余裕がある人がいなかったため、わたしは頼る先がカード会社のローンのみでした。

しかし減るわけもないので、仕事を増やし週6日程働き手取りで18万円程受け取った際には余裕が少し出来ました。働けば払えるからと仕事増やし、毎日仕事漬けの日々を送っていると身体がおかしくなり今でも月に2回の病院と治療が必要な状態になりました。自律神経が乱れた結果です。

もしも返せるというあてがあるなら、一時的にカード会社のローンを組むのはありかと思います。しかし、頼れるのであれば親族や知り合いの方が利息を考えればいいと思いますよ。お金がないときは心も不安にかられるので、冷静に必要なお金を見極めることが大切だとおもいます。

 

お金がなくて支払いができないときの体験談はいかがでしたか。

実際にそのような事態に陥ったら、

その時に得ていた知識が物をいいます。

今回ご紹介した内容はいざという時に必ず役立ちますよ。

次回はお金がなくて支払いができない時にとった行動の

パート2をお送りします。

-お金がなくて支払いができない!経験談とそのときの行動は?
-,

Copyright© お金がない!支払えない!お金がない時の金策方法や過ごし方。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.